1泊2日モデルコース

知床・阿寒・釧路2泊3日モデルコース!感動必至、絶景ドライブの極意

ちゃあ坊

この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちはー!

添乗員として年間150日を25年間延べ3,800日以上の添乗実績のあるちゃあ坊です!

今回のテーマは、北海道道東の知床・阿寒・釧路エリアです!

初めての北海道道東(知床・阿寒・釧路)旅行!どこを観光したらいいいのかからない?

憧れのウトロ温泉や阿寒湖温泉!ホテルはどこおすすめ?

そんな方の疑問をお持ちの方ために、北海道道東(知床阿寒釧路)2泊3日モデルコースでわかりやすくまとめてみました!

ぜひ、このモデルコースを参考にして、北海道道東の旅行計画を立ててみてください。

この記事をおすすめする人この記事をおすすめしない人
・北海道道東に初めて旅行される方
・ウトロ温泉・阿寒湖温泉で宿泊したい方
・知床・阿寒・釧路を観光したい方
・北海道道東の旅行に詳しい方
・車(レンタカー)を利用しない方

もも
もも

これから紹介する3日間のモデルコースはこんな感じだよ!

楽天トラベルスーパーSALEは、3月20日(水)23:59まで!
日目
日目
  1. ウトロ温泉出発
  2. 知床クルーズ
  3. 摩周湖
  4. 阿寒湖温泉に宿泊
日目
  1. 阿寒湖温泉出発
  2. 屈斜路湖カヌー
  3. 釧路湿原を展望
  4. 釧路空港から帰路
アドセンス

【1日目】知床・阿寒・釧路2泊3日モデルコース

旅の出発点は女満別空港。そこから知床国立公園へと向かい、途中絶景スポットで息をのむような景色に出会います。ウトロ温泉で一日の疲れを癒した後、北こぶし知床ホテル&リゾートで夜を過ごします。自然の中での一日は心身共にリフレッシュすることができるでしょう。

10:00

女満別空港出発

女満別空港に到着し、いよいよ北海道の大自然を満喫する旅が始まります。空港ではレンタカーを借りることができるので、自分だけのペースで移動することになります。出発前に空港周辺の情報もチェックし、忘れ物がないようにしましょう。北海道らしい広大な大地を車窓から眺めながら、心躍るドライブが始まります。

10:50〜11:40

天に続く道・撮影スポット

名称天に続く道(てんにつづくみち)
住所北海道斜里郡斜里町峰浜
電話番号なし
営業時間見学自由
料金 なし
アクセス女満別空港から車で50分
滞在時間30分〜60分
関連サイト北海道公式観光サイト

はく
はく

まっすぐな道がまるで天まで続いているように見える!

12:30〜16:10

知床五湖の高架木道をウォーキング

知床国立公園内にある知床五湖へと足を運びます。ここでは高架木道を使って、手つかずの自然を間近で感じることができます。ウォーキングコースを進むと、時には野生動物にも出会えるかもしれません。

知床五湖の清らかな水面が反射する風景は息をのむ美しさです。四季折々の表情を見せるこの地は、自然の奥深さを感じさせてくれます。

名称知床五湖の高架木道
住所北海道斜里郡斜里町遠音別村字岩宇別549
電話番号0152-24-3323
営業時間4月下旬~11月下旬
※地上遊歩道8:00~17:00(時期により変動あり)
※高架木道8:00~18:30(時期により変動あり)
料金 無料
アクセスJR釧網本線知床斜里駅から約40km
滞在時間レクチャー込みで約3時間(小ループ 約1.5時間)
関連サイト知床五湖フィールドハウス

もも
もも

ヒグマ対策として電気柵が設置されていて、バリアフリーのため車椅子やベビーカーでも散策できます!

17:00

知床ウトロ温泉・北こぶし知床ホテル&リゾートに宿泊

一日の締めくくりは、知床ウトロ温泉でリラックスする時間。北こぶし知床ホテル&リゾートでは温泉を楽しみながら純粋な自然の中で心身ともに癒されます。このホテルからは海や山など、知床の大自然を一望できるのも魅力の一つ。夕食は地元の新鮮な海の幸を使った料理を味わい、北海道ならではのおもてなしを体験できます。静かで落ち着いた環境の中、充実した一日を振り返りながら心地よい眠りにつけるでしょう。

じゃらんパックお得なクーポン配布中

【2日目】知床・阿寒・釧路2泊3日モデルコース

2日目は知床温泉からスタート。知床半島では圧巻のネイチャークルーズを楽しみ、摩周湖では世界屈指の透明度を誇る湖の神秘に触れます。その後は阿寒湖温泉で一日の疲れを癒し、心地よい宿泊体験を提供してくれる「あかん遊久の里 鶴雅」でのんびり過ごす予定です。

10:00

知床ウトロ温泉出発

知床温泉からの出発は、清々しい朝の空気を感じながらでしょう。ここから車を走らせること約1時間、知床半島の入口へと進みます。窓から見える知床の山々は、時間とともに色を変え、旅のワクワク感を一層高めてくれます。この日の旅程のスタート地点である知床温泉から、素敵な一日が始まります。

11:00〜13:30

知床半島ネイチャークルーズ

知床半島に到着したら、ぜひネイチャークルーズに参加してください。船から眺める断崖絶壁、青く澄んだ海は圧巻。夏季にはオオワシやエゾシカなど、豊かな生態系が支える野生動物たちを見ることができるかもしれません。ネイチャーガイドの解説付きで、知床の自然について深く学べる絶好のチャンスです。約2時間のクルーズは、あっという間に感じるほど、心揺さぶる体験を提供してくれます。

名称知床半島ネイチャークルーズ
住所〒086-1833
北海道目梨郡羅臼町本町27−1
電話番号0153-87-4001
営業時間7時00分~18時00分
開催期間は4月下旬~10月中旬
料金 大人8,800円
小人(小学生)4,400円
未就学児無料
アクセス知床ウトロ温泉から車で1時間
滞在時間出航から解散まで約2時間30分
関連サイト知床半島ネイチャークルーズ

はく
はく

4月下旬~10月中旬の期間はイルカやクジラ、そして、海の王者・シャチまで見れるんです!

15:30〜16:00

摩周湖・世界でも有数の透明度に感動

知床半島を後にして向かうのは、摩周湖。言葉を失うほどの美しさを誇るこの湖は、「霧の摩周湖」とも呼ばれ、その神秘的な姿を見ることができれば幸運です。青い湖の透明度は世界屈指。湖畔に立つと、自分がどれだけ小さいかを思い知らされますが、同時に大自然の偉大さに心洗われる感覚に包まれるでしょう。摩周湖ならではの絶景を、ぜひ堪能してください。

名称摩周湖カムイテラス
住所〒088-3200
北海道川上郡弟子屈町 摩周湖第1展望台
電話番号015-482-1530
営業時間8時30分~17時00分
料金 無料
アクセス知床半島ネイチャークルーズから
車で2時間
滞在時間30分
関連サイト摩周湖カムイテラス

もも
もも

摩周湖の絶景を楽しめる展望台です!

17:00

阿寒湖温泉・あかん遊久の里 鶴雅に宿泊

最終目的地である阿寒湖温泉は、一日の旅の疲れを癒す最適な場所です。ここでは、「あかん遊久の里 鶴雅」が心温まるおもてなしで迎えてくれます。温泉から望む阿寒湖の景色は格別。ロビーでのんびり読書を楽しんだり、温泉街を散策したりと、過ごし方は自由自在。おいしい夕食とともに、心地よい睡眠を約束してくれる宿泊が、あなたを待っています。

はく
はく

夕食後には温泉街を散策するとアイヌコタン代表的楽器のムックリというのビヨーンビヨーンという独特の音が聞こえてきて頭から離れません!それがまたいい!

「交通+宿泊」を自由に組み合わせて予約ができるダイナミックパッケージ

【3日目】知床・阿寒・釧路2泊3日モデルコース

3日目は阿寒湖温泉で始まり、屈斜路湖でのカヌー体験、釧路湿原の絶景を経て、帰路につきます。この日は自然とのふれあいを満喫しつつ、東北の大自然を背にした美しい景色を心に刻む旅となります。

9:00

阿寒湖温泉・あかん遊久の里 鶴雅を出発

阿寒湖温泉、あかん遊久の里 鶴雅を出発点に設定しましょう。この宿からは、阿寒の自然を一望でき、朝から心地よい風を感じながらのスタートとなります。鶴雅では温泉のほか、地元の食材を使った絶品料理を楽しむこともでき、身も心もリフレッシュできること間違いなしです。出発前には、ぜひ朝食を堪能して、一日のエネルギーを補給してください。

10:00〜12:00

屈斜路湖でカヌーにチャレンジ

次の目的地は、屈斜路湖です。この湖ではカヌー体験がおすすめ。初心者でも安心して楽しめるプログラムが多く、アウトドアのプロが丁寧に指導してくれます。湖の上から見る景色は、陸からでは味わえない美しさがあります。水面を滑るように進むカヌーからの眺めは、北海道の大自然の雄大さを感じられ、非日常的な体験として記憶に残ることでしょう。

名称屈斜路ecoツアーズ
住所〒088-3341
北海道川上郡弟子屈町屈斜路 字 199 番地 1
電話番号015-483-3987
営業時間6時00分~21時00分
料金 【2時間ツアー】
大人8,000円
17歳以下(幼児含む)4,000円
【1時間半ツアー】
大人6,000円
17歳以下(幼児含む)3,000円
アクセス阿寒湖温泉から車で1時間
滞在時間1時間30分〜2時間
関連サイト屈斜路ecoツアーズプラン一覧
もも
もも

小さな子どもからご年配の方、車いすの方、ワンちゃん連れの方など、誰でも乗れるカヌーツアーです!

13:20〜14:20

釧路湿原を一番広大に見渡せる細岡展望台!

釧路湿原は日本最大級の湿原で、四季折々の表情を見せてくれます。細岡展望台からはその壮大な湿原を360度のパノラマビューで見渡すことができ、言葉では表現しきれないほどの感動があなたを待っています。秋には紅葉、夏には新緑が広がり、自然の美しさを存分に感じられる絶好のスポットです。遠くに見える山々とのコントラストも見事で、写真を撮ってもなかなかその美しさを伝えきれないほど。ぜひ、息をのむような景色を自分の目で確かめてみてください。

名称細岡展望台
住所〒088-2141
北海道釧路郡釧路町達古武22−9
電話番号0154-62-2111
営業時間9:00~18:00(4~9月)
10:00~16:00(10~3月)
料金 無料
アクセス屈斜路ecoツアーズから車で1時間20分
滞在時間30分〜60分
関連サイト細岡展望台
もも
もも

270°のパノラマで、天候が良ければ遠い阿寒連山まで見渡せます!

15:10

タンチョウ釧路空港から帰路へ

最後に向かうのはタンチョウ釧路空港です。3日間の旅の終わりにふさわしい、感動と共に帰路につくことになります。空港近くでは、時期によってはタンチョウを目撃することができるかもしれません。北海道の大自然を感じられる旅がここで一旦終わりを迎えますが、次に訪れる際も新たな発見があるはずです。また訪れたくなる、そんな魅力が詰まった3日間を過ごしてみてください。

知床ウトロ温泉おすすめの宿

知床ウトロには約20軒、阿寒湖温泉も約22軒近くの宿泊施設があります。その中から旅行会社大手の「JTB」のサイトで紹介している旅館を一覧にしてみました。

一般的に「80点」以上あると良いとされています。

逆に「80点」以下になるとクレームになる場合もあるようなので、注意しましょう!

知床・ウトロ温泉おすすめ高級ホテル4選

旅館名総合サービス部屋大浴場夕食朝食
北こぶし知床 HOTEL&RESORT90点89点89点87点90点90点
知床第一ホテル84点86点87点86点86点87点
キキ知床 NATURAL RESORT84点87点84点86点85点90点
ホテル知床83点85点83点85点85点88点
※点数はJTBサイトより引用させていただいています。

阿寒湖温泉おすすめの宿

旅館名総合サービス部屋大浴場夕食朝食
あかん遊久の里鶴雅87点86点87点88点88点87点
ラビスタ阿寒川88点88点90点87点88点89点
あかん鶴雅別荘鄙の座91点91点90点86点93点92点
ニュー阿寒ホテル77点79点73点84点77点81点
※点数はJTBサイトより引用させていただいています。

著者が実際に宿泊しておすすめする宿ランキング

いくら添乗員と言っても、ウトロ温泉・阿寒湖温泉すべての旅館に宿泊しているわけではありません(笑)ただお客様をご案内する時に、旅行会社内での評価や口コミなどをしっかり調査した上でご案内しています!ご紹介する3件は、いずれも安心してご紹介できるおすすめの旅館ですので、お宿に悩んでおられる方は参考にしてみてください!

ランキング1位
あかん遊久の里鶴雅

阿寒のおもてなしを感じる宿

美しい自然に囲まれ、暖かなおもてなしが心地よいあかん遊久の里鶴雅。ここでは、季節ごとの絶景と地元の食材を生かしたお料理で、訪れる人の心を豊かにします。非日常の癒やしとして、また日常の忙しさを忘れさせてくれる場所です。湖畔の穏やかな眺めと温泉の恵みで、心も体もリフレッシュできること間違いなしです。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

「庭園露天風呂」は湖と接して、まるで湖に入っているかのよう!

ランキング2位
北こぶし知床 ホテル&リゾート

世界に誇れる知床のリゾート

北こぶし知床ホテル&リゾートは、知床の大自然に囲まれた癒しの宿。地元の美味しい食材を使った料理と温泉で、心も体もリフレッシュできます。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

世界自然遺産である知床の大自然を一望できるサウナが魅力!

ランキング3位
あかん鶴雅別荘鄙の座

心癒される極上の温泉宿体験

あかん鶴雅別荘鄙の座は、大自然に包まれた静寂な空間で、心身共に癒される至福の時間を提供します。豪華な温泉施設と絶品料理で、日常を忘れさせてくれる宿泊体験が待っています。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

故郷に帰ったような和の雰囲気がとても落ち着く!

航空券・新幹線・ホテル・レンタカーをまとめて予約
夏休みの早期予約がさらにお得!3月20日(水)23:59まで!

そのほかの47都道府県の1泊2日モデルコース

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事を書いた人
ちゃあ坊
ちゃあ坊
ブロガー/ベテラン添乗員
年齢:40代 性別:男性 職種:添乗員 資格:総合旅行業務取扱管理者 添乗員を25年しております。年間約150日を25年延べ3,800日以上の添乗経験があります。旅行のプランニングで悩でいるあなたがこの記事を読んで「こんな旅を探していた」と思っていただけるような情報を発信していきます。 ちなみに、記事内の吹き出しでつぶやく「はく」と「もも」は私の双子の子供ですので、この二人もよろしくお願いします。
記事URLをコピーしました