1泊2日モデルコース

【青森県】青森市・弘前1泊2日観光モデルコース|これを見ずに青森を語るな

ちゃあ坊

この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちはー!

添乗員歴25年間で現在も旅行会社に属するちゃあ坊です!

今回は青森県でも青森〜弘前方面のモデルコースを紹介します!

青森市から弘前エリアを車(レンタカー)でまわる1泊2日でコースを知りたい!

青森市に宿泊したい!どこがいいのかな?

そんな方のために、青森県青森市〜弘前方面を1泊2日モデルコースをまとめてみました!

このプランでは、青森駅を起点に効率よく巡れるように作成しています。

ぜひ、このモデルコースを参考にして、青森県の旅行計画を立ててみてください。

この記事を見るとわかる事
  • 現役添乗員が厳選:青森県青森市から弘前エリアの1泊2日モデルコース(車旅)を知る事ができる。
  • 現役添乗員が厳選:青森市内のおすすめの宿を知る事ができる。
楽天トラベルスーパーSALEは、3月20日(水)23:59まで!

【agoda】


アドセンス

【1日目】青森県1泊2日モデルコース|青森市〜弘前プラン

青森県は日本の最北端に位置する県で、自然と文化が豊かな地です。1泊2日という短い滞在でも、青森の魅力を存分に体感することができます。このモデルコースは青森市内からスタートし、歴史や文化、自然を感じられるスポットを巡ります。旅の疲れを青森の美味しい食事で癒しながら、素敵な時間を過ごしましょう。

10:00

青森駅

青森の冒険は、青森駅から始まります。青森駅は青森県の玄関口として、多くの人が利用する場所です。駅の周辺には、青森ならではのお土産店や食事処が豊富にあります。出発前に、青森の特産品を購入したり、地元の方々が愛する食事を楽しんでください。駅からの出発は、まるで冒険が始まる瞬間のよう。わくわくする気持ちを胸に、旅の第一歩を踏み出しましょう。

名称青森駅
住所〒038-0012
青森県青森市柳川1丁目1-1
電話番号017-735-2250
営業時間5:20~22:00(窓口営業)
関連サイトJR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!

11:00〜12:00

青函連絡船八甲田丸の船内を見学

青森港からほど近い場所にある青函連絡船八甲田丸は、青森と北海道を結んだ歴史的な船です。現在は博物館船として公開されており、かつて利用されていた客室や操舵室などを実際に見学することができます。この船を訪れることで、青森と北海道を結んでいた人々の暮らしや、豊かな自然の中で育まれた文化に思いを馳せることができるでしょう。船内からは、青森港の美しい風景も楽しむことができます。

名称青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
住所〒038-0012
青森県青森市柳川1丁目112−15 地先
電話番号017-735-8150
営業時間9時00分~17時00分
定休日月曜日
料金大人:510円
中・高校生:310円
小学生:110円
アクセス青森駅から徒歩で5分
滞在時間30分~60分
関連サイト八甲田丸

はく
はく

八甲田丸は就業当時の姿そのままで歴史を感じます!

12:10〜13:10

味の札幌大西

青森市に訪れたら是非足を運んでほしいのが「味の札幌大西」。こちらで食べれるチャーシューメンは、訪れた人々を虜にするほどの絶品です。何がそんなに人々を引き寄せるのかというと、その答えは丁寧に作り込まれたスープと、たっぷり乗せられたチャーシューにあります。スープはあっさりとしながらもコクがあり、何杯でも食べたくなるような味わい。また、チャーシューは柔らかくてジューシー、これがまたスープと絶妙に合うんです。店内は温かい雰囲気で、旅の疲れを癒すには最適。青森の夜を満喫するには、この店での食事が必須ですよ。ちなみに、他にもメニューは豊富なので、自分好みの一品を見つけてみてくださいね。

名称味の札幌 大西
住所〒030-0862
青森県青森市古川1丁目15−6 大西クリエイトビル 1F
電話番号017-723-1036
営業時間11時00分~18時00分
定休日火・水曜日
料金チャーシューメン980円
アクセス青函連絡船八甲田丸から車で3分
滞在時間60分
関連サイト味の札幌大西

13:20〜14:20

三内丸山遺跡を散策

三内丸山遺跡は、約5500年前の縄文時代後期にさかのぼる遺跡で、日本で最も重要な史跡の一つです。広大な遺跡内を散策しながら、数千年前の人々がどのように生活していたのかを想像することができます。遺跡には、復原された家屋や、縄文時代の暮らしを知ることができる展示物があります。自然に囲まれた、静かで落ち着いた空気の中を歩きながら、歴史の深さを感じることができるでしょう。

名称三内丸山遺跡
住所〒038-0031
青森県青森市三内丸山305
電話番号017-7668282
営業時間9時00分~17時00分
定休日毎月第4月曜日
料金一般:410円
高校生・大学生等:200円
中学生以下:無料
アクセス味の札幌大西から車で10分
滞在時間30分~50分
関連サイト三内丸山遺跡

もも
もも

思ってた以上に大規模でびっくり!

14:30〜15:30

青森県立美術館「あおもり犬」の前で記念撮影

青森県立美術館のシンボルとも言える「あおもり犬」は、訪れる人々を温かく迎え入れてくれます。巨大なこのアート作品の前で記念撮影をすることは、青森旅行の一つのハイライトです。美術館内では、青森出身のアーティスト、横山大観や奈良美智の作品をはじめ、多彩なアートが楽しめます。美術館に足を運ぶことで、青森の豊かな文化やアートに触れることができます。

名称青森県立美術館「あおもり犬」
住所〒038-0021
青森県青森市安田近野185
電話番号017-783-3000
営業時間9時30分~17時00分
定休日月曜日
料金「あおもり犬」は美術館の外にあるので、無料
アクセス青森県立美術館から車で2分
滞在時間常設展のみ60分
関連サイト青森県立美術館

はく
はく

あおもり犬の画像を見たい方は、上の「あおもり犬」の文字の所で確認してみてください!

15:45〜16:45

A -FACTORYでショッピング

青森駅から徒歩圏内にあるA -FACTORYは、青森の新鮮な食材を使用した商品や地元の工芸品を取り揃えているショッピング施設です。ここでしか手に入らない特産品を探したり、オリジナルのりんごジュースやシードルを試したりすることができます。洗練された空間でのショッピングは、旅の思い出に新たな彩りを加えてくれるでしょう。

名称A-FACTORY(エーファクトリー)
住所〒038-0012
青森県青森市柳川1丁目4−2
電話番号017-752-1890
営業時間10時00分~19時00分
定休日不定休
料金なし
アクセス青森県立美術館から車で15分
滞在時間30分〜60分
関連サイトA-FACTORY

もも
もも

青森のお土産品が充実しています!

17:00

ホテル青森に宿泊

【2日目】青森県1泊2日モデルコース|青森市〜弘前プラン

朝、青森市内のホテルで目を覚ますと、青森の冒険が今日も始まります。昨日の楽しい思い出も新しい一日の予感に変わり、ワクワクしながら朝食をとりましょう。今日は青森市から弘前へと向かい、また違った青森の魅力を探索します。荷物をまとめて、いざ出発です。

9:00

ホテル青森出発

青森市内から弘前への移動は公共交通機関を使うことが多いでしょう。弘前には、歴史ある建物や自然の美しさが待っていますから、期待で胸が高鳴ります。

10:00〜11:30

弘前公園は春がすごい!

弘前公園、それは春になると別世界に変わる場所です。特に桜の季節には、全国から花見客が訪れ、その美しさに酔いしれます。公園内には弘前城がそびえ立ち、ピンクに染まる桜とのコントラストが絶景です。桜以外にも、四季折々の花々が公園を彩り、訪れる人々を魅了します。歩き疲れたら、公園内のカフェで一息つくのもいいですね。春の息吹を感じながら、心地よい時間を過ごしましょう。

名称弘前公園(鷹揚園)
住所〒036-8356
青森県弘前市下白銀町1
電話番号0172-33-8733
営業時間散策自由
定休日なし
料金無料
アクセス弘前公園から徒歩で10分
滞在時間60分〜90分
関連サイト弘前公園

はく
はく

東北屈指の桜の名所です!

11:40〜13:00

会席郷土料理 野の庵

青森県での2日目のランチにオススメするのが、会席郷土料理 野の庵です。ここは青森県の豊かな自然から採れる新鮮な食材を使った、目で見ても美しい料理を提供しています。お昼の会席は、その季節季節に合わせて献立が変わるため、いつ訪れても新しい味に出会えます。料理は一品一品丁寧に作られ、地元の味を大切にしていることが伝わってきます。また、店内は静かで落ち着いた雰囲気が漂い、料理とともに心からのおもてなしを感じることができるでしょう。青森らしい風味豊かな食材と手の込んだ料理の数々は、旅行の素敵な思い出となるはずです。青森旅行の締めくくりに、贅沢な時間を「野の庵」で過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称会席郷土料理 野の庵
住所〒036-8362
青森県弘前市五十石町57
電話番号0172-36-0500
営業時間11時30分~15時00分
定休日火・水曜日
料金お昼のコース 2,350円〜
アクセス弘前公園から徒歩で10分
滞在時間30分〜90分
関連サイト会席郷土料理 野の庵

13:10〜14:10

旧弘前市立図書館など洋館巡り!

弘前には、歴史ある洋館が点在しています。特に、旧弘前市立図書館は必見。赤レンガ造りの美しい建物は、今もなお多くの人に愛されています。内部には当時の雰囲気を残す家具や装飾があり、時間が止まったような感覚に陥ります。その他にも、弘前市内には見どころがたくさん。洋館を巡りながら、その歴史や文化に触れる旅は、かけがえのない思い出となるでしょう。

名称旧弘前市立図書館
住所〒036-8356
青森県弘前市下白銀町2−1 追手門広場内
電話番号0172-82-1642
営業時間9時00分~17時00分
定休日無休
料金無料
アクセス会席郷土料理 野の庵から車で5分
滞在時間40分〜60分
関連サイト弘前市

はく
はく

旧弘前市立図書館は、明治から大正期にかけて建てられた洋館の代表格です!

新青森駅に戻り帰路へ

弘前の魅力を存分に楽しんだ後は、新青森駅に戻ります。新青森駅は、新幹線が停まる駅であり、ここから日本の各地へと繋がっています。帰路につく際は、青森のお土産や思い出を胸に、また訪れたいという気持ちを新たにするはず。新青森駅でのひと時を利用して、旅の締めくくりとして、最後のお土産探しを楽しんでください。青森の旅は終わりますが、次にこの地を訪れる日までの楽しみが始まったばかりです。

名称新青森駅
住所〒038-0003
青森県青森市石江高間140−2
電話番号050-2016-1600 JR東日本お問い合わせセンター
営業時間6時00分~19時45分(みどりの窓口)
アクセス旧弘前市立図書館から車で50分
関連サイトJR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!
じゃらんパックお得なクーポン配布中

青森市おすすめの宿12選

青森市内の数あるホテルの中から旅行会社大手の「JTB」のサイトで紹介しているおすすめホテルを一覧にしてみました。

一般的に「80点」以上あると良いとされています。

逆に「80点」以下になるとクレームになる場合もあるようなので、注意しましょう!

旅館名総合サービス部屋大浴場夕食朝食
ダイワロイネットホテル青森87点84点88点88点80点
ホテル青森84点90点82点88点87点
ホテルマイステイズ青森駅前82点85点80点100点88点
ホテルJALシティ青森81点84点79点88点
アートホテル青森78点81点77点83点83点
リッチモンドホテル青森77点82点81点71点
ホテルルートイン青森駅前77点84点75点79点83点
ホテルサンルート青森72点87点69点83点
東横INN青森駅前68点64点70点54点
アパホテル<青森駅県庁通>66点66点64点
アパホテル<青森駅東>66点68点66点62点
スマイルホテル青森62点62点60点
※点数はJTBサイトより引用させていただいています。
「交通+宿泊」を自由に組み合わせて予約ができるダイナミックパッケージ

著者が実際に宿泊しておすすめする宿ランキング

いくら添乗員と言っても青森市内の全てのホテルに宿泊しているわけではありません(笑)ただお客様をご案内する時に、旅行会社内での評価や口コミなどをしっかり調査した上でご案内しています!ご紹介する3件は、いずれも安心してご紹介できるおすすめの旅館ですので、お宿に悩んでおられる方は参考にしてみてください!

ランキング1位
ダイワロイネットホテル青森

全室にセミセパレートのバスルーム

ダイワロイネットホテル青森は、青森の心を感じながら快適に過ごせる場所です。地域の味覚を楽しめる朝食や、落ち着いた雰囲気の中での上質なおもてなしが魅力です。忙しい日常から離れ、心まで温まる休息を提供してくれます。このホテルは、青森を訪れる旅のスタート地点として最適です。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

JR青森駅から徒歩5分と駅に近くて便利です!

ランキング2位
ホテル青森

県産食材を使用した朝食バイキングが魅力!

ホテル青森は、こだわりの温泉施設と地元の味覚が楽しめる料理で、訪れる人を温かく迎え入れます。心も体もリフレッシュできる、忘れられない時間を提供してくれる場所です。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

海側の部屋からは陸奥湾、街側の部屋からは市内を一望!

ランキング3位
ホテルJALシティ青森

青森県1位になるほどおいしい朝食!

ホテルJALシティ青森は、温かなおもてなしと快適な空間で、訪れる人を優しく包み込みます。青森の魅力を存分に感じられる立地にあり、ビジネスでも観光でも、一日の疲れを癒やしてくれる落ち着きある宿泊体験を提供します。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

青森の中心部・ウォーターフロントエリアに位置し、ロケーションが素晴らしく、朝食が美味しいホテルです!

そのほかの47都道府県の1泊2日モデルコース

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事を書いた人
ちゃあ坊
ちゃあ坊
ブロガー/ベテラン添乗員
年齢:40代 性別:男性 職種:添乗員 資格:総合旅行業務取扱管理者 添乗員を25年しております。年間約150日を25年延べ3,800日以上の添乗経験があります。旅行のプランニングで悩でいるあなたがこの記事を読んで「こんな旅を探していた」と思っていただけるような情報を発信していきます。 ちなみに、記事内の吹き出しでつぶやく「はく」と「もも」は私の双子の子供ですので、この二人もよろしくお願いします。
記事URLをコピーしました