1泊2日モデルコース

【山形県】蔵王温泉1泊2日モデルコース|山形〜米沢プラン

ちゃあ坊

この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちはー!

添乗員として年間150日を25年間延べ3,800日以上の添乗実績のあるちゃあ坊です!

今回のテーマは、2023年度にっぽんの温泉100選で第17位に選ばれた山形県蔵王温泉です!

初めて蔵王温泉を訪れる方にとっては、

蔵王温泉1泊2日で旅行したい!満喫できるモデルコースないかな?

蔵王温泉で一番おすすめの宿泊施設はどこ?

そんな疑問をお持ちの方のために、蔵王温泉を何度も添乗してきた私がモデルコースを作成しました!

ぜひ、このモデルコースを参考にして、山形県蔵王温泉の旅行計画を立ててみてください。

この記事を見るとわかる事
  • 現役添乗員が厳選:山形県山形市から米沢エリアの1泊2日モデルコース
  • 現役添乗員が厳選:蔵王温泉のおすすめの宿

「交通+宿泊」を自由に組み合わせて予約ができる

ちゃあ坊
ちゃあ坊

JTBダイナミックパッケージは、①出発日が近い時②新幹線を利用する場合③レンタカーも利用する場合だけ利用しています!

アドセンス

【1日目】蔵王温泉1泊2日モデルコース

山形県でのリフレッシュ旅行を計画中の皆さんには、蔵王温泉での1泊2日コースをおすすめします。この旅行プランは、心も体もリフレッシュできる素晴らしい体験が目白押しです。自然の美しさ、地元の美味しい料理、そして温泉の暖かさが、皆さんを待っています。さぁ、この小旅行で心の洗濯をしましょう!

10:30

山形駅出発

山形駅を起点にしたこの旅は、訪れるすべての場所で特別な体験ができます。山形駅は、新幹線を含めた複数のアクセスルートがあるため、どこからでも気軽に訪れることができます。駅自体も、訪れる価値があるスポットの一つです。ここから、山寺や蔵王温泉へと向かう旅が始まります。準備はいいですか?では、山寺へ向けて出発しましょう!

名称山形駅
住所〒990-0039
山形県山形市香澄町1丁目1−1
電話番号050-2016-1600
営業時間5:30~22:00(みどりの窓口)
定休日無休
関連サイトJR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!

はく
はく

山形駅周辺には、観光スポットや遊ぶところ、レトロな建物などがありますよ!

11:10~12:55

山寺(立石寺)の山道を歩き絶景に感動!

山形を訪れたならば、是非立ち寄りたいのが山寺(立石寺)です。ここの山道を歩き、絶景を眺めると、心が洗われるような感覚に陥ります。登山口から本堂までの1000段以上の石段は、初めは少し大変に感じるかもしれませんが、途中の展望台からの景色は息をのむ美しさです。四季折々の自然の表情が楽しめ、特に新緑や紅葉の季節には、その美しさに感動することでしょう。登り切った達成感と共に、美しい景色をぜひ心に刻んでください。

名称立石寺(山寺)
住所〒999-3301
山形県山形市山寺4456−1
電話番号023-695-2002
営業時間8時00分~16時00分
定休日無休
料金大人300円・中学生200円・小人(4歳~小学生)100円
アクセス山寺駅→徒歩7分で山寺登山口
滞在時間往復で1時間30分〜2時間30分
関連サイト立石寺HP

もも
もも

断崖に突き出すように設けられた舞台から山寺の全景を見渡せる五大堂からの絶景です!

13:00~14:00

山寺の門前街にある蕎麦屋「美登屋」で昼食

山寺の散策後は、門前街にある蕎麦屋「美登屋」で昼食です。美登屋の蕎麦は、自然豊かな山形の恵みを十分に感じることができます。手打ちで提供される蕎麦は、香り高く、滑らかで喉越しも絶品です。山菜やきのこを使ったトッピングもあり、地元の食材を存分に味わうことができます。食後の一息には、名物のそば茶もおすすめです。心も体も満たされる一時をぜひお楽しみください。

名称手打そば ぼた餅 美登屋
住所〒999-3301
山形県山形市山寺4494−5
電話番号023-695-2506
営業時間11時00分~15時00分
定休日不定休
料金板そば 1,400円・天ざるそば 1,680円・青竹手打ちラーメン 750円・中華そば 650円・ずんだ餅 650円
アクセス根本中堂の登り口から徒歩約2分
JR仙山線 山寺駅から徒歩約3分
滞在時間1時間
関連サイト手打そば ぼた餅 美登屋

はく
はく

美登屋では、郷土料理の夏野菜を刻んだ「だし」が一番人気!

14:50〜16:20

蔵王温泉大露天風呂で湯呑み

蔵王温泉と言えば、大露天風呂が有名です。山々に囲まれた中での湯巡りは、格別の体験となるでしょう。特に冬場の雪見風呂は、他では味わえない幻想的な体験です。温泉の種類も豊富で、美肌効果の高い泉質もあるため、旅の疲れを癒し、同時に美容にも良い時間を過ごすことができます。大自然の中での露天風呂は、日常を忘れさせてくれる特別な空間です。是非、心も体も温まる時間をお過ごしください。

名称蔵王温泉 大露天風呂
住所〒990-2301
山形県山形市蔵王温泉853−3
電話番号023-694-9417
営業時間6時~日没(変更あり。要問合せ)
定休日11月上旬~翌4月下旬、営業期間中は無休
料金大人700円、子ども(1歳~11歳)400円です
アクセス公共交通:JR山形駅→山交バス蔵王温泉行きで45分、終点下車、徒歩18分
車:山形道山形蔵王ICから国道13号、県道21号経由20km30分
滞在時間1時間〜2時間
関連サイト蔵王温泉 大露天風呂プラン一覧

もも
もも

標高900 m の大自然の中でワイルドな湯浴みが楽しめます!川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きながら入浴できる点もとても魅力的!

16:30

蔵王温泉・蔵王国際ホテルに宿泊

1日の締めくくりは、蔵王温泉・蔵王国際ホテルでの宿泊です。ここでは、温泉だけでなく、地元の素材を生かした絶品料理も楽しむことができます。部屋からの眺めも素晴らしく、ゆっくりとした時間を過ごすことができるでしょう。ホテル内の設備も充実しており、旅の疲れを癒してくれる空間が広がっています。山形の自然と温泉に包まれながら、ゆったりとした夜をお過ごしください。

【2日目】蔵王温泉1泊2日モデルコース

蔵王温泉での心温まる一夜を過ごした後、山形県の魅力をさらに深く探究する2日目。昨日とは違う、山形〜米沢プランでの旅を心ゆくまで楽しんでみましょう。このプランでは、歴史から自然、そして絶品グルメまで、山形の魅力を存分に感じられるコースをご案内します。さあ、一緒に出発しましょう!

9:40

蔵王温泉・出発

一晩中、蔵王の自然に囲まれて過ごした後の朝は格別ですね。蔵王国際ホテルからの出発は何とも言えない寂しさがありますが、今日訪れる場所たちを考えると、わくわくしてきます。朝の清々しい空気を深呼吸して、今日一日の冒険の始まりです。

10:20~11:20

山形県郷土館「文翔館」で大正ロマンな空間に浸る

次に向かうのは、「文翔館」です。ここはまるで時間旅行をしたかのような大正ロマン溢れる建物。見るだけでも心がウキウキしますが、中には多彩な展示も。山形の歴史や文化を深く知ることができる空間で、心の豊かさを感じる時間を過ごしましょう。昔の人々の生活の知恵や美意識に触れながら、自分たちの日常も豊かにできるヒントを見つけてください。

名称山形県郷土館(文翔館)
住所〒990-0047
山形県山形市旅篭町3丁目4−51
電話番号023-635-5500
営業時間9時00分~16時30分
定休日第1・3月曜(祝日の場合は翌日)
料金無料
アクセス公共交通:JR山形駅→徒歩30分
車:山形道山形蔵王ICから5分
滞在時間60分
関連サイト山形県郷土館HP

はく
はく

映画のロケ地にも選ばれるほど印象的な空間ですね。

11:30〜12:00

明治初期の建築 旧済生館本館を見学

「文翔館」を後にし、次なる目的地へ。旧済生館本館は、明治初期に建てられた美しい建築物です。一歩足を踏み入れると、その堂々たる佇まいと当時の息吹が感じられます。歴史に思いを馳せながら、建物そのものや当時の人々の生活様式に思いを馳せるのも一興です。時間を忘れてしまうほど魅力的な場所ですので、ゆっくりと見学を楽しんでください。

名称山形市立郷土館(旧済生館本館)
住所〒990-0826
山形県山形市霞城町1−1
電話番号023-644-0253
営業時間9時00分~16時30分
定休日無休
料金無料
アクセス公共交通:JR山形駅西口→徒歩15分
車:山形道山形蔵王ICから県道16号経由6km20分
滞在時間30分
関連サイト山形市HP

もも
もも

建物は「和」でもあり「洋」でもある所が独特で、明治の時代の息吹を感じることができます!

13:00~14:00

米沢牛 山懐料理 吉亭

歴史探訪の後は、お腹も空いてきましたね。ここはぜひとも米沢牛を堪能していただきたいところです。「山懐料理 吉亭」では、その名の通り、山形を感じさせる豊かな自然の中で育った米沢牛をふんだんに使った料理を味わうことができます。とろける美味しさが口いっぱいに広がる瞬間は、この旅のハイライトになること請け合いです。

名称米沢牛 山懐料理 吉亭
住所〒992-0039
山形県米沢市門東町1丁目3−46
電話番号023-822-3189
営業時間月、火、木~日、祝日、祝前日: 11:30~15:00 
定休日水曜日
アクセス米沢駅より市内循環バスで城南1丁目下車、目の前。東北中央道米沢八幡原IC、もしくは米沢中央ICより車で約10分。
滞在時間30分~60分
関連サイト米沢牛 山懐料理 吉亭

はく
はく

吉亭の看板料理は、特選米沢牛霜降りロースのみを使用したしゃぶしゃぶです!

14:05~14:50

上杉謙信を祀る上杉神社を参拝

食事の後は少し足を延ばして、上杉神社へ。ここは名将、上杉謙信を祀っている神社で、厳かな雰囲気が漂っています。参拝を通じて心を落ち着けたり、武将の魂に思いを馳せたりして、旅の終わりにふさわしい静かな時間を過ごしてください。

名称上杉神社
住所〒992-0052
山形県米沢市丸の内1丁目4−13
電話番号023-822-3189
営業時間6~17時(11~3月は7時~)
稽照殿は9時30分~16時(最終入館15時45分)
定休日無休
アクセス公共交通:JR米沢駅→市民循環バス右回りで11分、バス停:上杉神社前下車、徒歩5分
車:東北中央道米沢中央ICから10分
関連サイト上杉神社HP

もも
もも

上杉謙信にあやかって開運招福や諸願成就、さらには学業成就や商売繁盛のご利益もあります!

15:00

米沢駅から帰路へ

そして、旅の終わりは米沢駅から。心に残るたくさんの思い出と共に、日常へと戻っていきます。この2日間で感じたこと、学んだことは、これからの日々にもきっと彩りを加えてくれるはずです。またいつか、山形の地を訪れる日を夢見ながら。

名称米沢駅
住所〒992-0027
山形県米沢市駅前1丁目1−43
営業時間5:30~23:00 みどりの窓口
定休日無休
関連サイトJR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!

花巻温泉おすすめの宿

蔵王温泉の数あるホテルの中から旅行会社大手の「JTB」のサイトで紹介しているおすすめホテルを一覧にしてみました。

一般的に「80点」以上あると良いとされています。

逆に「80点」以下になるとクレームになる場合もあるようなので、注意しましょう!

旅館名総合サービス部屋大浴場夕食朝食
和歌の宿わかまつや90点87点87点78点93点87点
蔵王国際ホテル88点89点85点94点86点86点
堺屋森のホテル87点88点77点93点91点85点
蔵王四季のホテル85点87点89点92点88点88点
深山荘高見屋84点88点80点86点93点91点
たかみや瑠璃倶楽83点90点87点79点89点84点
JURIN集計中集計中集計中集計中集計中集計中
蔵王プラザホテル集計中集計中集計中集計中集計中集計中
※点数はJTBサイトより引用させていただいています。

著者が実際に宿泊しておすすめする宿ランキング

いくら添乗員と言っても蔵王温泉の全てのホテルに宿泊しているわけではありません(笑)ただお客様をご案内する時に、旅行会社内での評価や口コミなどをしっかり調査した上でご案内しています!ご紹介する3件は、いずれも安心してご紹介できるおすすめの旅館ですので、お宿に悩んでおられる方は参考にしてみてください!

ランキング1位
蔵王・和歌の宿わかまつや

蔵王で叶える極上の和の休息

蔵王・和歌の宿わかまつやで、最も魅力的なポイントは、100%掛け流しの美肌の湯!山形牛料理と月替わり豆腐が絶品!貸切風呂いつでも無料!蔵王温泉スキー場まで随時送迎!!茂吉ゆかりの老舗宿。心身ともにリフレッシュできる癒しの空間がここにはあります。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

18トンの蔵王・目透き石をくり抜いた「大石くり抜き露天風呂」をはじめ、すべてが源泉100%の天然温泉がこの旅館の魅力です!

ランキング2位
蔵王国際ホテル

5つ星の宿認定宿認定書

蔵王国際ホテルは、自然に囲まれた絶景とともに最高級の温泉を楽しむことができる贅沢な隠れ家です。四季折々の料理と心地良いおもてなしで、究極のリラックスを提供します。ダイナミックな天井高の総檜造りが大好評の「八右衛門の湯」

ちゃあ坊
ちゃあ坊

硫黄の香りと木の温もりに包まれた乳白色の天然温泉が心地よい

ランキング3位
深山荘高見屋

蔵王温泉を見守り続けてきた老舗旅館

享保元年の創業以来300年、歴史が生きる蔵王温泉を見守り続けてきた老舗旅館。
悠久の時を経てなおも湧き出る自家源泉は、情緒あふれる湯舟で湯の恵みを存分に味わえます。

ちゃあ坊
ちゃあ坊

自家源泉から湧き出る温泉と、深山に抱かれた山の景色が、なんとも落ち着きます。

そのほかの47都道府県の1泊2日モデルコース

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事を書いた人
ちゃあ坊
ちゃあ坊
ブロガー/ベテラン添乗員
年齢:40代 性別:男性 職種:添乗員 資格:総合旅行業務取扱管理者 添乗員を25年しております。年間約150日を25年延べ3,800日以上の添乗経験があります。旅行のプランニングで悩でいるあなたがこの記事を読んで「こんな旅を探していた」と思っていただけるような情報を発信していきます。 ちなみに、記事内の吹き出しでつぶやく「はく」と「もも」は私の双子の子供ですので、この二人もよろしくお願いします。
記事URLをコピーしました