1泊2日モデルコース

島根県のおすすめ1泊2日観光プラン!縁結びの出雲大社・美肌の湯・世界遺産石見銀山をめぐる!

ちゃあ坊

この記事にはプロモーションが含まれています。

もも

縁結びの神様の出雲大社に行ってみたいなー

はく

出雲大社ってたしか島根県だよね?

もも

そうだよ!

はく

出雲大社のほかに何があるのかな?

はくもも

添乗員歴25年のはくももが、島根県のお勧めコースを紹介します!

アドセンス

島根県のお勧めモデルコース:2泊3日

1日目:出雲大社・古代出雲歴史博物館・荒神谷遺跡・玉造温泉

出雲ICを出発点として、古代出雲歴史博物館・神門通り・古代出雲歴史博物館・稲佐の浜・荒神谷遺跡・玉造温泉に宿泊する、出雲大社縁結び満喫プランです。

2日目:足立美術館・由志園・堀川遊覧船・松江城・温泉津温泉

美しい日本庭園足立美術館と、大根島の由志園・国宝松江城を眺めながらお堀をゆったり巡る堀川遊覧船・最後に源泉掛け流し温泉津温泉のプランです。

3日目:アクアス水族館・世界遺産石見銀山

温泉津温泉で心も体もリフレッシュし最終日は島根県西部をまわります。某有名携帯会社のCMでも使われたアクアス水族館のシロイルカのバブルリンクは必ずみていただきたいです。必見。そして世界遺産石見銀山(龍源寺間歩)を見学して銀山の歴史に触れていただきます。

この旅行の見どころ紹介

縁結びの神様を祀る・出雲大社

出雲大社は縁結びの神様として有名な、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をお祀していて、若い女性に人気のスポットです。

古代出雲歴史博物館

出雲大社から徒歩5分とすごく近くにある博物館で、出雲大社や古代出雲に関する貴重な展示されています。中でも荒神谷遺跡で発見された銅剣が358本!また加茂岩倉遺跡で銅鐸(どうたく)39個など国宝に指定されました。ここに展示してある銅剣が出土された荒神谷遺跡を午後から見学に行ってみましょう!

神門通り&ご縁横丁

出雲大社一の鳥居から二の鳥居の間にある通りを神門通りといいます。出雲大社で参拝した後はここでお土産を買ったり、名物のお蕎麦屋さんやお食事処も多くありますので、ここでお昼にするといいですね!

稲佐の浜(弁天島)

10月は神無月と言いますが、この月に全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まり,村には神が不在となるために神無月といいます。この浜は全国の神様をお迎えする浜といわれてるなんとも神秘的な場所ですね。

荒神谷遺跡

荒神谷遺跡は昭和58年に道路建設工事中に田んぼのあぜ道で一片の土器をひろったことがきっかけで発見されました。当時全国で300本余りしかなかった銅剣がここで358本が一度に発見されたので世紀の大発見ともいわれています。工事で壊れる前に発見されて本当に良かっとつくづく思います。

足立美術館の日本庭園19年連続日本一

アメリカの日本庭園専門誌より、足立美術館の日本庭園が19年連続で日本一になりました。(2021年現在)見ると納得の庭園です。

大根島・由志園

春は牡丹の花が見頃を迎えます。ゴールデンウィークにはここでしか見れない絶景も登場します。また、冬は寒牡丹やイルミネーション、昼食など食事ももとても美味しくお勧めです!下記画像は喫茶店からの眺めです。

ぐるっと松江堀川めぐり・堀川遊覧船

松江城のうち堀と外堀を屋根付きの船で50分かけて周遊します。船頭さんの軽快なトークや歌もありとても楽しめます。冬は掘り炬燵であったまりながら乗船することができる。高齢者の方は松江城に入場するには階段もあり大変なので、遊覧船に乗りながらお城を眺めるのもいいと思いますよ!

アクアス水族館

テレビCMでも紹介されたシロイルカのバブルリンク!何度見てもバブルリングがハッとします!

世界遺産石見銀山・龍源寺間歩

世界遺産・石見銀山で唯一常時見学できる杭道です。駐車場からは徒歩2.5km歩いて移動となりますので、見学には最低2時間は必要です。

玉造温泉お勧めの宿

佳翠苑皆美

おお勧めの宿① 佳翠苑皆美

湯之助の宿 長楽園

おお勧めの宿② 湯之助の宿長楽園

温泉津温泉お勧めの宿

旅の宿 輝雲荘

おお勧めの宿 旅の宿 輝雲荘

島根のおすすめのお土産

どじょうすくい饅頭

出雲蕎麦

のどぐろ干物

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事を書いた人
ちゃあ坊
ちゃあ坊
ブロガー/ベテラン添乗員
年齢:40代 性別:男性 職種:添乗員 資格:総合旅行業務取扱管理者 添乗員を25年しております。年間約150日を25年延べ3,800日以上の添乗経験があります。旅行のプランニングで悩でいるあなたがこの記事を読んで「こんな旅を探していた」と思っていただけるような情報を発信していきます。 ちなみに、記事内の吹き出しでつぶやく「はく」と「もも」は私の双子の子供ですので、この二人もよろしくお願いします。
記事URLをコピーしました